腰痛ベルトの選び方

椎間板ヘルニア、ぎっくり腰に慢性の腰痛。
横になりたくてもなれないこともありますね。
そんな時には、辛い腰痛を緩和する腰痛ベルトがお勧めです。

 

腰痛ベルトは、腰骨、骨盤をしっかりとサポートして痛みを和らげてくれます。
ずれている骨や飛び出した軟骨は、体を動かす度にギシギシと痛みますよね。
その痛みを、腰を固定する事で和らげる機能を持っているのが腰痛ベルトなんです。

 

接骨院や整体に通っている方、整形外科などてば体にあった腰痛ベルトを処方してもらえる事もあるようです。
病院以外では、大手のドラッグストアでも取り扱っていますし
有名な接骨院の腰痛ベルトがインターネットでも販売されています。

 

素材や形が色々とあるので、何れが自分に合うのか迷ってしまいますね。
腰痛ベルトは、痛めた部位によって幅やサポート力形状がかわってきます。

 

幅が広く、ウエストを中心に柔な素材や、芯が入っていて固定するタイプは、
痛みの強い腰痛に向いています。

 

特に腰に接する部分が、伸縮するようになっていて
腰をしっかりとサポートするようなものは痛みに合わせて調整が出来ますね。

 

腰痛ベルトといっても、ソフトであまり締め付けのないタイプもありますので、
腰をしっかり支えたいならサポート力が調整出来るものを選んでください。

 

幅の狭いものは、基本的に骨盤をサポートする為につくられたものです。
骨盤の歪みを直すだけなら、骨盤を中心に巻くものを選んでください。

 

自分の痛い部分を、きちんとサポートするベルトを選ばなければ意味がありませんね。
ウエストの括れ部分が痛む、背中に近い部分が痛む方は幅の広いものが良いでしょう。

 

きちんと装着する事で痛みが緩和します。骨盤付近に痛みを感じたり、
生理痛から腰の重みを深いに感じる人は幅の狭いものが骨盤が安定して痛みを和らげてくれます。

 

実際につけて見るのが一番よいのですが、腰痛ベルトは下着扱いにしている店が多いので
無理なら晒しを巻いてどの部分を固定すると楽になるのか、調べるとベルト選びの目安になります。

 

色んな素材がありますが、通気性に優れたものの方がムレがなく快適です。
また、値段の手頃なゴムタイプは劣化や磨耗が早いので夏場などの暑い時季には向いていません。

 

ベルトを腰に巻くと密着するためにムレてしまいますから、
通気性がよく自宅で洗濯が出来るものを二本は用意すると良いですね。

 

家族と併用されても構いませんが、体の癖がベルトについてしまうので個人で持つのが一番です。

腰痛ベルトの選び方関連ページ

腰痛ベルトと骨盤ベルトの違い
腰痛ベルトと骨盤ベルトの違い
腰痛ベルトの使い方
腰痛ベルトの使い方