腰痛ベルトと骨盤ベルトの違い

腰痛ベルトと骨盤ベルトの違い

 

名前の通りに、腰痛ベルトはコルセットとも呼ばれていて、腰を固定する事で痛みを緩和してくれます。
これは弱くなっている筋肉を引き上げて固定する為に、最小限度の動きで腰を動かせるようにする為です。

 

骨盤ベルトは、ズレていたり歪んでいる骨盤を固定して歩いた時の股関節の動きを柔らかくし膝や腰への負担を減らすものです。
骨盤の歪みは支える筈の背骨までも歪ませて、腰痛の原因をつくったりするのです。

 

腰痛を庇っていると膝や股関節の痛みを引き起こす事もあります。
痛い腰を庇う事で不自然な姿勢で物を持ち上げたりしていると、動きが小さくなり関節を動かす筋肉が退化してどんどん関節までも老化してしまいます。

 

腰痛は神経疲労から痛みが酷くなりますが、骨盤が歪む事でお尻の筋肉までもが固くなると座骨神経痛までにもなりかねません。
骨盤が歪んでいる人は股関節もズレていますから、足から骨盤、骨盤から腰へとズレが酷くなり腰痛が酷くなるのです。

 

腰痛ベルト、骨盤ベルトを痛みによって使い分けたりするのが一番良いのです。
骨盤ベルトは、骨盤をしっかりと安定させるので負担のない運動を
併用することで歪みが改善されていきます。

 

歪みがなくなれば腰痛が軽くなりますし、予防にも最適ですね。
女性は出産の為に骨盤が広くなっているので、男性より不安定になっています。

 

女性は特に骨盤ベルトを着用されるのが良いと思いますよ。
腰痛ベルトは薄手で衣服に響かないものもありますし、エアクッションのように腰を安定させるものもあります。

 

自宅で仕事をされる方はこのような安定感のあるものを利用すると良いですね。
アスリートの方も利用者が多いようで、背中までもサポート機能がついていますから姿勢もベルトで常に正しく保つことが可能です。

 

骨盤の広がりやズレはゴムベルトの方が効果的であったりするので幾つが試してみるのも良いでしょう。
骨盤の開きは固定する事で元に戻りやすいですから、きつく締めない程度にゴムベルトで固定をしましょう。

 

腰椎を痛めている人は、ウエストまでしっかりとある腰痛ベルトがやはり良いですね。
出産後に、赤ちゃんへの授乳などで腰痛になった人はウエストまであるタイプが楽だと思います。

 

赤ちゃんは以外に重たいもので、お母さんはそうも言ってはいられませんので
常に腰椎を痛めないようにウエストと骨盤を固定するものを利用してくださいね。

 

若い女性も無理をすると骨盤が歪んで足の形が悪くなったりもするので、骨盤ベルトの利用をお勧めします。

腰痛ベルトと骨盤ベルトの違い関連ページ

腰痛ベルトの選び方
腰痛ベルトの選び方
腰痛ベルトの使い方
腰痛ベルトの使い方