ストレッチをする時に注意する事

ストレッチはただ伸ばしたり動かせば良いものではありません。
自分のペースで無理なく継続する事が大切になるので、辛い時や苦しいと思ったらやめる事も大切です。

 

ストレッチを行う時には、平常心であること、リラックスした体調である事が大切ですし「気楽に行える環境」である事も大切です。
テレビや音楽を聞きながらでも構いませんから「楽しくストレッチする」ような環境を作りましょう。
痛いのを我慢しても続きませんし、必ずやらなければならないものでもありません。

 

生活の一部として組み込まれるような自然体である事が一番重要なのです。
体が冷えていてはストレッチも苦しいだけですから、浴槽で温まったり温かいお茶を飲んで体も心も落ち着いてから始めましょう。

 

出来れば毎日何を何回やったとか、調子はどうであったかとか書き留めておくのも良いですね。
ストレッチを続けていくと体も腰も軽くなってきます。筋肉の老化が腰痛をさらに悪化させますから、
マイペースで筋肉の働きを良くするのが腰痛には効果があるのです。
リラックスした衣服で体を締め付けないものを着用すると良いですね。

 

忘れてはいけないのは、腹式呼吸を忘れない事、ストレッチの邪魔になるものは回りに置かないことです。
黙々とストレッチをするより、音楽を聞きながらやると自律神経がリラックスしてゆったりとした気分で行えますね。

 

そして効果を焦らない事が一番大切です。ストレッチはゆっくりと体に効果をもたらしますから、一週間程度で効果が出るわけではありません。

 

焦らない事、気持ちにゆとりを持つ事も腰痛ストレッチを行う際には大切ですね。
また、自宅でストレッチを行う時には畳やフローリングなどではやらないようにしましょう。

 

低反発のマットやヨガマットを必ず引いて腰に負担を掛けないようにしてください。
ベットや布団は体を沈めてしまいます、適度なクッションがあるヨガマットがストレッチには適しています。
洗って使えますから手頃なものを一枚用意しておくと良いですね。

 

椅子に座ってのストレッチもあるので、そのようなマットがないなら椅子を使ったストレッチ方法もありますから体に負担を掛けないように行いましょう。
腰痛を持っている人は、小さな刺激にも敏感に反応されますので、マットを敷いて行うのが良いと思います。

 

布団やベットでのストレッチは、背伸びをしたりには向いていますが、
骨盤を矯正しながら腰の筋肉を伸ばす運動には柔らかすぎるので、マットを出来るだけ利用しましょう。

ストレッチをする時に注意する事関連ページ

腰痛ストレッチの方法
腰痛の改善や緩和にストレッチが効果的です。サプリメントなどと一緒に軽い運動をして腰の筋肉を鍛えて痛みを和らげましょう。
ストレッチのタイミング
腰痛の緩和にサプリメントの服用と軽いストレッチが有効です。 痛いからと言って筋力の低下は痛みが悪化するようです。 丁寧なストレッチで筋力の低下を防ぎましょう。
腰痛ストレッチ体操
腰痛の緩和にサプリメントの服用と軽いストレッチが有効です。 痛いからと言って筋力の低下は痛みが悪化するようです。 丁寧なストレッチで筋力の低下を防ぎましょう。
腰痛ストレッチの器具について
腰痛の緩和にサプリメントの服用と軽いストレッチが有効です。 痛いからと言って筋力の低下は痛みが悪化するようです。 丁寧なストレッチで筋力の低下を防ぎましょう。