腰痛ストレッチの器具について

腰痛を改善するには、体幹深層筋(インナーマッスル)を鍛えるのが良いと言われています。
いわゆるリハビリテーションをする事で確実に安全にゆっくりと腰痛を改善します。

 

スポーツの世界では、肩から股関節までの骨の位置を正常に戻す事で、自然な姿勢に戻り体の歪みや痛みが改善されるといわれています。
コルセットをすると腰痛が改善されるのは、背筋と腹筋のバランスが保たれる為にインナーマッスルが強化されるからなんですね。
体を伸ばすストレッチに加えて、器具を使いながらこのインナーマッスル機能を回復して、肩から骨盤までの形を正常に戻していきましょう。

 

腰痛のストレッチは、痛めた腰に負担を掛けるような器具を使ってはいけません。
痛みを和らげる為に行うものですから、自然にストレッチを行えるものを使いましょう。
先ず用意するものは、ストレッチに必要なマットですね。
ヨガマットが適していますので、体を伸ばす時にはこれを使います。
畳や布団の上ではかえって腰を痛めてしまうので、手頃なマットを一枚用意してください。

 

ダイエットストレッチにも使われる「バランスボール」は体の歪みを直しながらストレッチするには最適な道具です。
骨盤、股関節、腰椎の動きをバランスボールを使ってゆっくりと行ってください。
腰を前後左右に動かす事によって、崩れたインナーマッスルが正常になっていきます。

 

バランスボールは柔らかく腰に負担をかけませんから、腰痛が酷い人も気楽にストレッチが出来ますね。
最近では棒状の「コアヌードル」といった器具が人気のようです。
ストレッチボールの名前でも有名で、テレビでも紹介されていますので見たことがある人もいるでしょうね。

 

これは腰痛のリハビリテーションの為に考案されたもので、美容やスポーツトレーニングにも効果があると言われています。
竹筒のような棒に寝転がってトレーニングをするだけで、背骨から骨盤の位置を正常に戻します。

 

これを使ってインナーマッスルを刺激する事で腰痛に効果的だとも言われています。
長さや柔らかさなども種類があるようですから、自分に合ったものを選んでストレッチ体操を行いましょう。
スウィングシェイバーと呼ばれるものもあり、バランスボールに乗るように腰を揺らす事で骨格の歪みを直して腰痛改善になるものです。

 

実際に簡単にストレッチを行うなら、バランスボールやストレッチボールが適しています。
腰に負担も少なくゆっくりと腰痛ストレッチが行えますので、普段のストレッチと併用すると効果が高く出てきます。

腰痛ストレッチの器具について関連ページ

腰痛ストレッチの方法
腰痛の改善や緩和にストレッチが効果的です。サプリメントなどと一緒に軽い運動をして腰の筋肉を鍛えて痛みを和らげましょう。
ストレッチのタイミング
腰痛の緩和にサプリメントの服用と軽いストレッチが有効です。 痛いからと言って筋力の低下は痛みが悪化するようです。 丁寧なストレッチで筋力の低下を防ぎましょう。
腰痛ストレッチ体操
腰痛の緩和にサプリメントの服用と軽いストレッチが有効です。 痛いからと言って筋力の低下は痛みが悪化するようです。 丁寧なストレッチで筋力の低下を防ぎましょう。
ストレッチをする時に注意する事
腰痛の緩和にサプリメントの服用と軽いストレッチが有効です。 痛いからと言って筋力の低下は痛みが悪化するようです。 丁寧なストレッチで筋力の低下を防ぎましょう。