ストレッチのタイミング

体の柔らかい人も硬い人も、タイミングを間違えると効果が出なかったり腰痛が酷くなったりします。
ストレッチは身体をリラックスさせて、気持ちと体を軽くする為のものですから焦っていたり時間が無い時は無理に行わないようにしましょう。

 

寝起きや、入浴後などの一番自分がリラックスしている時間に行うのが大切です。
生理などで体調が悪い時には、無理に行わない、痛みがあるときは休むなどメリハリを付ける事も大切です。

 

特に食後の運動は栄養の消化吸収を邪魔するのでやめてくださいね。入浴後は血行も良くなっているので、一番効果的と言われています。

 

体を温めると筋肉も柔らかくなっているので、ストレッチ効果も高いわけですね。
ゆったりとしたウォーキングが出来る人は、朝のウォーキング後にストレッチを行うのも良いと思います。
ストレッチは運動能力を高める一方で伸ばしすぎると逆効果になります。

 

体を温めたらストレッチを行いその後にまたウォーキングが出来る人はプラス行ってクールダウンのストレッチが一番良いと言われています。
腰痛ストレッチの場合は、無理に運動をせずにウォーキングや入浴後に行ってください。

 

オフィスでのストレッチはこりを解す為のストレッチ、自宅ではこりを解しながら筋肉をゆっくりと強化するストレッチと考えて頂けると解りやすいと思いますよ。

 

腰痛の人の殆どが体が硬いと思いますが、痛いのを我慢してストレッチしても効果はありません。
無理にストレッチをするのではなく、気持ちの良い伸びがあるぐらいが丁度いいのです。
先ずは歪んだ骨盤を元に戻すように腰や股関節を柔らかくしていきます。

 

腰痛の原因は体の歪みですから、歪みを直しながらストレッチをする事で腰痛がどんどん楽になっていくのです。
ストレッチは腰痛を緩和して予防にも繋がりますが、普段の自分の姿勢がどうなのか?を先ずはきちんと把握しておきましょう。

 

ストレッチ体操を幾らやっても、椅子に座ったり歩く時に猫背になっていては効果はありませんよね。
日頃から自分の姿勢が曲がっていないのかをきちんと鏡などでチェックしておきましょう。
腰痛だから仕方がないと考えていては、改善するものも治りません。
腰痛の具合にもよりますが、軽度なら毎日でも構いません。痛みの強い人は二日か三日に一度で済ませておきましょう。

 

無理にやっても効果はありませんから、体調に合わせて行ってください。
痛みが出たらやめる、体調が悪いときは休むが長く続けるコツになります。

ストレッチのタイミング関連ページ

腰痛ストレッチの方法
腰痛の改善や緩和にストレッチが効果的です。サプリメントなどと一緒に軽い運動をして腰の筋肉を鍛えて痛みを和らげましょう。
腰痛ストレッチ体操
腰痛の緩和にサプリメントの服用と軽いストレッチが有効です。 痛いからと言って筋力の低下は痛みが悪化するようです。 丁寧なストレッチで筋力の低下を防ぎましょう。
腰痛ストレッチの器具について
腰痛の緩和にサプリメントの服用と軽いストレッチが有効です。 痛いからと言って筋力の低下は痛みが悪化するようです。 丁寧なストレッチで筋力の低下を防ぎましょう。
ストレッチをする時に注意する事
腰痛の緩和にサプリメントの服用と軽いストレッチが有効です。 痛いからと言って筋力の低下は痛みが悪化するようです。 丁寧なストレッチで筋力の低下を防ぎましょう。