腰痛ストレッチの方法

腰痛ストレッチの方法

 

腰痛ストレッチの方法は幾つかあります。
自宅やオフィスでも簡単に出来る方法。バランスボールなどの器具を使ってやる方法などですね。

 

仕事でパソコンの前に一日座っていたり、赤ちゃんを抱っこして腰が痛くなったり、腰痛持ちの年配の人は立ち上がったり体を伸ばすと痛みを感じやすいと思います。
運動をされていても、疲労が溜まると筋肉が硬くなるので腰に痛みや倦怠感を感じるのではないでしょうか?

 

オフィスでは寝転んだりは出来ませんから、椅子の背もたれに背中を当てて背中をゆっくりと伸ばしましょう。
呼吸は腹式呼吸を行います。リラックスする時は息を吸って伸ばすときに吐き出す。
これを繰り返す事で酸素が体に行き渡りそう、筋肉がゆっくりと伸びてくれます。

 

だいたい30秒程度が一番疲れずに気持ちよく伸ばせる時間です。
オフィスでは座りっぱなしで、お尻の筋肉も固まり血行も悪くなっています。
そんなお尻の筋肉もしっかりと伸ばして骨盤を何時も正常な位置に戻しておきましょう。

 

先ずは椅子に浅くすわって片足を伸ばします。
息を吸ったらゆっくりと足に沿わせて上体を前に倒してください。
弾みを付けたりせずに、息を吸ったら吐き出すように体をゆっくりと滑らせるようにするのがコツです。

 

ストレッチは体が柔らかければ良いものではありません。
きちんと伸ばして血行を促すのが目的ですから無理はしないようにしましょう。

 

踵を膝に伸せて行うストレッチはお尻の筋肉を和らげて骨盤の矯正をします。
腰痛が酷い足が上がらない人は無理をしないようにしましょう。

 

足を上げると付け根が突っ張る人は、骨盤の歪みがあるのでリンパのマッサージをしながら少しずつ改善をします。
誰でも最初は固くて難しいですが、ゆっくり焦らずにやる事で慣れてきますし体も柔らかくなります。

 

最後に腰をゆっくり捻ります。これを左右三回程度行うと、自律神経も働きが良くなり頭も体もスッキリとしますよ。

 

自宅でやる人は座って同じ用に行っても構いませんね。器具を使う時も必ず腹式呼吸をします。
バランスボールは、クッションになるので体の堅い人にもお勧めですね。

 

最初はバスタオルを巻いて利用しても良いと思います。
体をねじる、曲げて伸ばす。ほんの簡単で誰にでも出来るストレッチが背筋力腹筋力を取り戻します。
慣れてきたら朝晩に転がりながら体の筋肉をゆっくりと伸ばしていきましょう。

 

腰痛が酷い時は無理をしない、いきなり評判だからと器具を使ってやらないのが一番効果があります。
体がストレッチに慣れてきたら、バランスボールなどを使って体の矯正をしながら腰痛ストレッチを続けましょう。

腰痛ストレッチの方法関連ページ

ストレッチのタイミング
腰痛の緩和にサプリメントの服用と軽いストレッチが有効です。 痛いからと言って筋力の低下は痛みが悪化するようです。 丁寧なストレッチで筋力の低下を防ぎましょう。
腰痛ストレッチ体操
腰痛の緩和にサプリメントの服用と軽いストレッチが有効です。 痛いからと言って筋力の低下は痛みが悪化するようです。 丁寧なストレッチで筋力の低下を防ぎましょう。
腰痛ストレッチの器具について
腰痛の緩和にサプリメントの服用と軽いストレッチが有効です。 痛いからと言って筋力の低下は痛みが悪化するようです。 丁寧なストレッチで筋力の低下を防ぎましょう。
ストレッチをする時に注意する事
腰痛の緩和にサプリメントの服用と軽いストレッチが有効です。 痛いからと言って筋力の低下は痛みが悪化するようです。 丁寧なストレッチで筋力の低下を防ぎましょう。