椎間板ヘルニア

体を支える背骨は24個の骨が積み重なって出来ています。
椎間板は、背骨を繋ぐクッションの役目をしているもの。

 

一般的に、椎間板ヘルニアと言うと腰を思い浮かべますが、
人によっては頸に症状が出る事もあるようですね。

 

殆どは腰に症状を感じ、自覚症状のある場合、ないものを含めて多くの人がヘルニアであると言えます。
肩こりや背中の凝りやすい人は、腰のヘルニアからの二次障害がある事が多く、
この症状が酷くなると次は腰に痛みを感じてきます。

 

軽い座骨神経痛も、ヘルニアから来ている痛いかも知れません。
椎間板は背骨と椎骨の間に位置し、背骨が自然に動くようにクッションのような役目をしています。

 

椎間板は水分で出来ていますが、加齢や無理が掛かる事によって
椎間板内の水分がどんどん減ってしまいます。

 

水分が減ってしまった椎間板は、水潰れた水風船のようになってしまい
骨と骨に押し潰されて、中心部である髄核が外に飛び出してきます。

 

この飛び出した髄核は神経を圧迫し、鋭い痛みや足腰の痺れをもたらすようになります。
椎間板は背伸びのような縦の動きには強いのですが、曲げる捩るなどの動きには比較的弱いと言われています。

 

曲げる為の関節は、肘や膝のようにガッチリと組まれているものですから、
支える為の椎間板はゴムのように伸び縮みはしますが、曲げると中心がはみ出しやすくなると言うことですね。

 

若い人でも、負担を掛けすぎると椎間板が減りやすくなり支える力が足りなくなると言われています。
重いものを持ち上げる時に「腰をいれる」と形容するのは、腹に力を蓄えて膝の力を利用する為の言い方なのですが、
どうも「腰をふんばる」や「気合いを入れる」と勘違いされやすく腰を痛める人が多いようです。

 

腰を入れるとは、膝が抜けないように下腹に力を入れる事で腹筋背筋の力を引き締めると言うことなのです。
肛門に力を入れると、自然に下腹が上に持ち上がりますが、腰は大切な機能と繋がっていますのでヘルニアが進行して酷くなると、
排泄機能にまで不具合を起こしかねないのです。

 

椎間板ヘルニアは痛みが酷く脂汗を伴う程の疼痛ですから、痛み止を飲んで緩和したり、腰を固定する事で治療を行います。
椎間板の組織が加齢によって壊れてしまうと、どんどん磨り減っていき歩けなくなる事もありますので、
少しでも組織内に栄養分をおくる為にカルシウムなどを確り摂りましょう。

 

腰を抑えるベルトで固定したり、負担を掛けないように心掛けてください。

椎間板ヘルニア関連ページ

ぎっくり腰
ぎっくり腰について
腰部脊柱管狭窄症
腰部脊柱管狭窄症について
妊婦の腰痛
妊婦の腰痛について
女性の腰痛
女性の腰痛について