腰部脊柱管狭窄症

中高年に非常に多く見られる腰痛の一つです。
脊椎が変形することで多く発症しますが、椎間板ヘルニアが原因になる事もあります。

サプリメント

 

静かにしている時は、痛みもありませんので「歳かな?」で気にしない人もいるようですね。

 

進行と共に腰を伸ばして歩くと、下肢に痺れや痛みを感じてきます。
座った状態では痛みがないために、そのままにして悪化させる人が多いようです。
酷くなると尿が出にくくなったり、失禁などの症状までも引き起こしてしまいます。

 

激しい運動や重労働などにより、背骨の椎間板が変形してしまい、
突起などによって神経を圧迫する事から痛みより痺れを多く感じると言われています。

 

蓄積された疲労によって骨が形を変えてしまうもので「働きすぎた人がなりやすい」ともあるようです。

 

ヘルニアとはまた違ったものになり、高齢者に多いことから骨の密度が下がり始めると徐々に発症してきます。
若い人も、重い荷物を運ぶ仕事をする方はヘルニアか腰部脊柱管狭窄症になりやすいようですね。

腰の痛みは骨の歪みから

脊柱管は脊髄が通る大切なトンネルの役目をしています、
姿勢が悪いと背骨が変形してしまったり椎間板が膨らんでいきます。

 

それが重なると神経の通る脊柱管が狭くなって神経を圧迫します。

 

大切な神経の血行が悪くなるので腰部脊柱管狭窄症を発症します
。腰椎を伸ばすことが一番良いのですが、整体やマッサージではなかなか治りません。

 

普段から姿勢を正しくする、軽い運動を取り入れて無理なく筋肉をつけるのが最良の方法とも言われています。
肥満はこの症状をより悪化させていきますので、生活改善も必要ですね。

 

背中を反らすと痛みが生じるので、どんどん前屈みになっていくのが腰部脊柱管狭窄症の特徴です。

サプリメント


腰痛のある人の殆どは、体が非常に凝り固まっています。

 

相撲取りが股割をして体を柔らかく保つのは、体と体を激しくぶつけても腰に負担を掛けずに怪我をしない為。
トラック級の体をぶつけ合うのですから、膝や肘に怪我をしてしまいます。

 

体を支える腰、背骨、骨盤は全て繋がっています。
姿勢が悪いとあちこちの骨がズレてきますので、それを支える筈の腰に負担が掛かるわけです。
体が固いというのは、骨を支える筋肉がしなやかではないわけです。

 

スポーツをしていても腰痛は起こります。
最近も色んなダイエットがありますが、背筋を伸ばす事や骨盤の歪みを取ることは
腰痛の予防にもなると言われているように、腰の痛みは骨の歪みからすべて引き起こされるのです。

腰部脊柱管狭窄症関連ページ

ぎっくり腰
ぎっくり腰について
椎間板ヘルニア
椎間板ヘルニアについて
妊婦の腰痛
妊婦の腰痛について
女性の腰痛
女性の腰痛について