腰痛とは?

腰は人間の体を支える要と言われている通り、
腰から上の重さプラス歩行する体全体を支える役目を担っています。

 

腰を支える骨盤がずれると、様々な弊害が体に現れます。
人間が二本の足で歩き始めた頃から、腰痛という言葉が使われ始めたとも言われているのです。

 

たかが腰痛と甘く見ていると、歩行不能になったり内臓失陥、頻尿など様々なトラブルが体に起こってしまうのです。

 

腰には体を支える役目の他にも、内臓を正しい位置におさめる事で、
健康な体を維持する為の大切な役割を担ってます。

 

姿勢を正さない事で、背骨が曲がったり体が歪むのはご存じでしょうが、
これらは全て腰が関わっています。

 

骨格が歪めば内臓の位置や筋肉の付き方も変わります。
当然歪んだ体に筋肉が付きますから、血行も悪くなりますね。

 

その結果、筋肉が弱まり腰痛を引き起こし様々な弊害にと広がります。

 

腰痛の原因は様々ですが、
普段の生活の歪みが腰の痛みの原因になるかも知れない事は頭に入れておきましょう。

様々な腰痛記事一覧

何気無い動作で、いきなり発生する「ぎっくり腰」は中世「魔女のひと突き」と呼ばれていたようです。筋骨隆々とした男が、涙を流し世を呪うほどに痛みが激しく動けなくことから、悪戯な魔女が悪さをしたと例えたとか。酷い人は、寝返りも打てない程の痛みがあると言うのですから、かなり苦しいですね。くしゃみや重い荷物を持った時に、激しい疼痛と激痛が走り固まったように動かなくなると「ぎっくり腰!」と読んでいますが、医学...

体を支える背骨は24個の骨が積み重なって出来ています。椎間板は、背骨を繋ぐクッションの役目をしているもの。一般的に、椎間板ヘルニアと言うと腰を思い浮かべますが、人によっては頸に症状が出る事もあるようですね。殆どは腰に症状を感じ、自覚症状のある場合、ないものを含めて多くの人がヘルニアであると言えます。肩こりや背中の凝りやすい人は、腰のヘルニアからの二次障害がある事が多く、この症状が酷くなると次は腰に...

中高年に非常に多く見られる腰痛の一つです。脊椎が変形することで多く発症しますが、椎間板ヘルニアが原因になる事もあります。静かにしている時は、痛みもありませんので「歳かな?」で気にしない人もいるようですね。進行と共に腰を伸ばして歩くと、下肢に痺れや痛みを感じてきます。座った状態では痛みがないために、そのままにして悪化させる人が多いようです。酷くなると尿が出にくくなったり、失禁などの症状までも引き起こ...

妊娠中、妊娠後に腰痛を訴える女性は非常に多いです。妊娠すると子宮が膨らんで恥骨を刺激します。トイレが近くなるのもこれが原因になるわけですね。骨盤がずれている人は、お腹が大きくなることであちこちに負担を掛けてしまいますから、いろんな形で腰痛を引き起こします。臨月近くが一番腰痛を引き起こしやすいのですが、骨盤痛は妊娠4ヶ月辺りから始まり、ピークは8か月ぐらいになります。出産と共に緩和する人も、半年ほど...

男性より女性の方が腰痛を感じると言われています。何かと話題になる男性ホルモンですが、この男性ホルモン「テストステロン」はタンパク質の働きを良くして筋肉を作ります。ですから男性の方が筋骨隆々とした筋肉がつきやすいのです。勿論女性の体の中にも、男性ホルモンはありますが、断トツで女性ホルモンが多いわけですから、流線形の美しい体になっているのです。男性ホルモンが少ない女性は全体的にも筋肉が少ないので、意識...